自分らしさ

自分らしさがわからない、と嘆くクライアント

そんなクライアントを愛おしく思う。

自分の濁っている部分と澄んでいる部分が交わる辺りに

きっとあなたらしさが見つかるよ。

そこでずっと待っているね。

コメントを残す