機能する美

ある方が、『機能美』という言葉を私に下さった

1つ1つの動きが美しいとは決して言えないほど私はガサツである

どういうことなのか。しっくりこないからこそ少し考えてみた

私という人間を純粋に表現している時に私は初めて機能しているのだろと

ありがたいお言葉、と思うと同時に

苦しい現実が目の前にあると私はその苦しみを純粋に受け止めていなかったことを思いさせられた

本気で『受け止める』と感情の枠を越える

そして静寂な広い場所に辿り着く

そこでやっとその全てを『受け入れる』ことができる自分になれると思うのです

私という人間を純粋に表現するには、その過程を誤魔化すことはできないのです

No true accepting without properly receiving what’s in front of you.

I will continue to take myself into my arms as I am because that is the only way to function by myself and perhaps that’s authentic beauty.

どんな時も必ず光を照らしてくれる誰かがいることに感謝の念を抱きながら。

 

 

 

 

コメントを残す